ラオス一党支配体制下の市場経済化 - 天川直子

天川直子 ラオス一党支配体制下の市場経済化

Add: kelaw46 - Date: 2020-11-30 21:14:18 - Views: 9988 - Clicks: 9203

11: アセアン加盟下のカンボジア: 天川直子 編: 日本貿易. 【tsutaya オンラインショッピング】ラオス一党支配体制下の市場経済化/天川直子 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. ラオス--経済: 分類・件名: NDC9 : 332 NDLSH : ラオス -- 経済: 注記: 出版年の推定ははしがきによる 1998年度の調査に基づいて作成したもの 参考文献: p97-98: タイトルのヨミ、その他のヨミ: ラオス: TTLL: jpn: 著者名ヨミ: コクサイ キョウリョク スイシン キョウカイ. 【目次】(「book」データベースより) 序章 ASEAN加盟下のカンボジア-諸制度と実態の変化/第1章 カンボジアの縫製業-輸出と女性雇用の原動力/第2章 カンボジアの社会経済構造変動期におけるキャリア志向と教育-プノンペン市の社会経済的民族的環境が志向におよぼす影響/第3章 カンボジア. (2)産業に関し農業が,GDP構成比で約2割を占め,労働人口の約7割が従事。近年産業別GDP構成比は,サービス,工業の比率が増加。工業分野では鉱業と製造業,サービス分野では特に卸・小売業の成長が著しい。 3.

天川 直子 | 年09月01日頃発売 | 「一党支配体制下の市場経済化」に挑戦するラオス。「年までの最貧国からの脱出」という目標は達成しうるのか。ラオスが直面している政治経済上の課題について考察する。まえがき第1章 現代ラオスの課題ー一党支配体制下の市場経済化 - / 天川 直子. 【中古】 ラオス 一党支配体制下の市場経済化 研究双書545/天川直子(著者),山田紀彦(著者) 【中古】afb. ラオス : 一党支配体制下の市場経済化 資料種別: 図書 責任表示: 天川直子, 山田紀彦編 言語: 日本語 出版情報: 千葉 : 日本貿易振興機構 アジア経済研究所,. 一党支配体制下の市場経済. Pontaポイント使えます! | ラオス 一党支配体制下の市場経済化 研究双書 | 天川直子 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ.

ラオスの市場経済化 : 現状と課題 / 天川直子編 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ラオス ノ シジョウ ケイザイカ : ゲンジョウ ト カダイ 言語: 日本語; 英語 出版情報: 千葉 : 日本貿易振興機構 アジア経済研究所,. 天川直子, 山田紀彦編. ラオス一党支配体制下の市場経済化 - 天川直子 新刊紹介 -- 天川直子・山田紀彦編『ラオス一党支配体制下の市場経済化』 (ブックシェルフ). ラオス 一党支配体制下の市場経済化 (研究双書) (日本語) 単行本 – /9/1 天川 直子 (編集), 山田 紀彦 (編集) 5つ星のうち5. (1)年1月18日から22日,5年に一度の第10回党大会(5年毎)を開催。政治局員11名,党書記9名を含む中央委員69名を選出。党書記長にはブンニャン国家副主席兼党書記局常任委員が昇格した。 党大会では,党の指導的役割を強調,社会主義体制を堅持しつつも,改革・開放路線を継続する方針が示された。前回の党大会では「4つのブレークスルー」と称するイニシアティブが発表されたが,今次党大会では,従来,5カ年計画のみだった社会経済開発計画が「ビジョン」,「社会経済開発戦略10カ年戦略」,「第8次国家社会経済開発計画」の3本が承認された。 2. 一党支配体制の維持と市場経済化の推進という2つの目標のもとで、現在のラオス人民民主共和国が抱えている諸問題を検討。 CLMV開発展望研究事業の一環として実施された研究会の2カ年にわたる研究活動の成果をまとめる。.

9 形態: vii, 264p : 挿図. ぐるぐる王国2号館 ヤフー店のラオス一党支配体制下の市場経済化:ならYahoo! 年9月26日発行Ⓒ 定価本体3000円 + 税 編 者 天川直子・山田紀彦 発行所 アジア経済研究所 独立行政法人日本貿易振興機構 千葉県千葉市美浜区若葉3丁目2番2 〒261-8545.

ラオス : 一党支配体制下の市場経済化 / 天川直子, 山田紀彦編 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ラオス : イットウ シハイ タイセイカ ノ シジョウ ケイザイカ 言語: 日本語 出版情報: 千葉 : 日本貿易振興機構 アジア経済研究所,. 9 形態: vii, 264p : 挿図, 地図 ; 21cm 著者名:. 545) 日本貿易振興機構 アジア経済研究所,.

(1)1975年以降は,ソ連を始めとする社会主義国との関係を重視するが,1986年の改革路線の採用以降は,外資誘致と外国支援獲得のため西側諸国を含む幅広い協力関係を模索。1997年にASEANに加盟し,年にASEAN議長国,年にASEM首脳会議を主催する等,国際場裡における存在感を高めている。なお,年はASEAN議長国を務めた。 2. (2)ベトナムとは「特別な関係」にあり,党・政府ハイレベルの交流が活発。中国とは「包括的かつ戦略的パートナーシップ」に基づき関係が拡大。 3. マシーソン, A. 9 研究双書 / アジア経済研究所 編 No. ラオス概説 ラオス文化研究所 めこん isbn:年07月発売単行本 5,670円(税込)送料無料 立ち読みしてみよう! 品切れ 中古で探す: 楽天市場 楽天オークション. (3)ラオスの議会は国民議会で一院制。5年に1度総選挙が行われ,年2回通常会議が開かれる。立法機関としての役割の他,行政及び司法機関を監督する権限を有する。現議長はパーニー・ヤートートゥ議長(党政治局員)。 4. 9: ラオス一党支配体制下の市場経済化: 天川直子, 山田紀彦 編: アジア経済研究所:.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ラオスの用語解説 - 正式名称 ラオス人民民主共和国 Sathalanalat Paxathipatai Paxaxôn Lao。面積 23万6800km2。人口 665万1000(推計)。首都 ビエンチャン。インドシナ半島中部東寄りに南北に細長く延びる国。東はベトナム,南はカンボジア,西はタイ. 天川直子 編: アジア経済研究所:. 10 形態: xiii, 354p : 挿図, 地図 ; 22cm 著者名:. ラオス一党支配体制下の市場経済化 資料種別: 図書 責任表示: 天川直子,山田紀彦編 言語: 日本語 出版情報: 千葉 : アジア経済研究所,. ラオス 一党支配体制下の市場経済化 研究双書No. 日本貿易振興機構 アジア経済研究所. (2)ラオスの国家元首は国家主席で,ラオス国民議会が選出する。現職はブンニャン・ヴォーラチット国家主席兼党書記長。 3.

第4版 フォーマット: 図書 責任表示: 国際協力推進協会 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 国際協力推進協会, 1999 形態: ix, 98p ; 30cm 注記: 出版年の推定ははしがきによる 1998年度の調査に基づいて作成したもの 参考文献: p97-98 著者名: 国際協力推進協会. ラオス 一党支配体制下の市場経済化 (研究双書). Webcat Plus: ラオス一党支配体制下の市場経済化, 本書は、一党支配体制の維持と市場経済化の推進という2つの目標のもとで、現在のラオス人民民主共和国が抱えている諸問題を検討するものである。. ラオス 一党支配体制下の市場経済化(研究双書) 天川直子・山田紀彦(編集) /アジア経済研究所 (年10月・経済) ピーマイ・ラオ―ラオスの心を訪ねて〈1996秋〉. ラオスの理論水準を見直した:社会主義と市場経済の問題 私は、社会主義を指向するベトナムが株式市場を開設することについて、それが社会主義と矛盾しないことを以前に指摘したことがある。. ラオス・ヴィエンチャン平野 : 自然・社会・経済 資料種別: 図書 責任表示: 長谷川善彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アジア経済研究所, 1981. ラオス: 副書名: 一党支配体制下の市場経済化: 叢書名: 研究双書 545: 著者: 天川 直子・山田 紀彦編: 出版社: アジア経済研究所: 書誌分類: 外地資料: 国際地域: アジア. 後発asean諸国の工業化: clmv諸国の経験と展望.

ラオス : 一党支配体制下の市場経済化 天川直子, 山田紀彦編 (研究双書 / アジア経済研究所 編, No. ラオス一党支配体制下の市場経済化 (研究双書) 天川直子 山田紀彦/アジア経済研究所 /09出版 264p 21cm ISBN:NDC:332. 本書は、一党支配体制の維持と市場経済化の推進という2つの目標のもとで、現在のラオ. 89%,1人当たりGDPは2,472米ドルを達成(ラオス中央銀行)。投資分野では中国及び越企業の進出が顕著である。なお,年末にラオス証券取引所が開所し,年1月から取引が開始されている。 2.

236 税込&92;3,300 お取り寄せ*. 第1章 現代ラオスの課題―一党支配体制下の市場経済化 第2章 市場経済移行下のラオス人民革命党支配の正当性―党政治・理論誌『アルン・マイ』における議論の変遷を中心に 第3章 ラオスの政治制度改革における部門別管理体制に関する一考察. (1)1975年の革命以降の計画経済の行き詰まりから,市場経済メカニズムの導入を進め,1986年の第4回党大会にて市場経済化と経済開放を柱とする改革路線を採択。この改革路線は90年代に至り成果があがり始め,1992年から1996年迄は年5%~8%台を記録。しかし1997年のアジア経済危機に際しては,自国通貨安とインフレ,近隣国経済の失速に直面し,1998年の経済成長率は4%台まで下落。その後,政府の財政・金融面における統制強化や外国投資・支援等の着実な流入を背景に,その後数年で成長率は概ね6%~7%まで回復。 2. 9: カンボジア新時代: 天川直子 編: 日本貿易振興機構アジア経済研究所:. ・ウォール, G.

b「進出と撤退からみるラオス外国直接投資」天川直子編『ラオス:一党支配体制下の市場経済化』アジア経済研究所。 鈴木基義・山田紀彦編著 『内陸国ラオスの現状と課題』JICAラオス事務所・ラオス日本人材開発センター発行。. ラオス : 一党支配体制下の市場経済化. ラオスにおける国民国家建設 : 理想と現実 フォーマット: 図書 責任表示: 山田紀彦編 言語: 日本語 出版情報: 千葉 : 日本貿易振興機構アジア経済研究所,. 著, 佐藤俊雄訳 1990. 天川直子 | プロフィール | HMV&BOOKS online | アジア経済研究所地域研究センター東南アジア2研究グループ長 | 天川直子の商品、最新情報が満載!. 8 形態: 204p ; 25cm 著者名: 長谷川, 善彦 シリーズ名: 研究双書 / アジア経済研究所 編 ; 302 書誌. See full list on mofa.

5件の結果 本: 天川 直子. (1)ラオスの統治制度は,人民革命党による一党支配体制で,党幹部が各国家機関の幹部を兼任。人民革命党は,党大会を5年に1度開催し,5年毎の政策方針と書記長,政治局員,書記局員及び党中央委員等の党中央指導部人事を決定。現在の党最高位は,ブンニャン・ヴォーラチット国家主席兼党書記長。 2.

ラオス一党支配体制下の市場経済化 - 天川直子

email: ibesuzik@gmail.com - phone:(165) 389-6322 x 8624

ひかり - 真砂秀朗 - 鳥獣戯画手帳

-> 大英博物館 - 新人物往来社
-> 不器用な恋の掟 - 桂生青依

ラオス一党支配体制下の市場経済化 - 天川直子 - 特別特集 illustrated Motor


Sitemap 1

浜田文太のパチンコ最後の爆裂機攻略法 - 浜田文太 - 怪盗シャラクのひみつ ホリグチヒロシ